那須・本間法律事務所 業務方針

top.jpg 当事務所は、ご依頼者がお持ちの素朴な正義感、真実観をじっくりとくみ上げることを重視します。法的にみて取り上げるべき言い分がないか、あらゆる案件について、徹底した法的調査・検討を行い、知恵を絞り、最善の解決を目指します。
事業者からのご相談、ご依頼に対しては、まず迅速な対応を旨とし、単なる法的解釈に留まらず、経営上の判断をも考慮し、ビジネス感覚に沿った解決策を提案します。
個人的なトラブルでお悩みの方からのご相談、ご依頼に対しては、親切・丁寧をモットーにお話しを真摯に伺い、ご依頼者の個別的事情に即した具体的な解決策を検討します。
ご相談、ご依頼に際し、方針、費用等ご不明な点があれば遠慮なくお尋ねください。ご依頼者が大事にお考えのことについてはじっくりとお話を伺い、納得いくまでご説明します。


法律相談するには

初回ご相談料ご相談方法ご相談の手順ご相談のコツ
IMG_4488.JPG

初回ご相談料

じっくりお話ししていただくため、初回の相談料につきましては時間にかかわらず1件1万円(消費税込み)とさせていただいております。なお、2回目以降は別途ご相談させていただきます。

ご相談方法

那須・本間法律事務所にお運びいただいて面談によるご相談となります。 電話やメールでのご相談はお受けしておりません。 必ずご予約の上、お越し下さい。

以下のいずれかご都合のよろしい方法でお願い致します。但し、多忙のため、電話に出られないことも多いので、メールをお使いになる場合にはメールの方が確実かと存じます。

  1. 電話 番号は03-6206-1761です。
    (月曜日から金曜日の午前10時00分から午後6時まで。土日祝祭日はお休みです。但し、急ぎの場合には午後6時以降、休日もご相談をお受けします。)
  2. 下の法律相談予約フォーム (ご都合のよろしいときにお送り下さい。)
  3. メール(ご都合のよろしいときにお送り下さい。) メールアドレスはこのページ最上部に記載されております。

ご相談の手順

<お電話の場合>

  1. 03-6206-1761におかけください。
    (月曜日から金曜日の午前10時00分から午後6時まで。土日祝祭日は休みです。)
  2. 「不動産弁護士のホームページを見た。」とお伝え下さい。
  3. その後、弁護士とお話ください。そこで、日程調整をさせていただきます。
  4. 後記ご相談のコツをご一読のうえ、ご予約の日時に、資料を持って事務所にお越しください。

<法律相談予約フォームまたはメールの場合>

  1. 下の「ご相談予約フォーム」あるいは、メール で、ご相談ください(24時間OK)
  2. 弁護士より直接メールないしお電話にて、ご連絡致します。そこで、ご相談日時の日程調整もさせていただきます。メールアドレスが間違っていると、ご連絡できない場合がございますので、正確にお願い申し上げます。
  3. 後記ご相談のコツをご一読のうえ、ご予約の日時に、資料を持って事務所にお越しください。

ご相談のコツ

IMG_4492.JPG 相談をする際のコツを思いつくままに挙げますと
以下のとおりです。
なお、お勧めに過ぎず、必須ではありません。

  1. 関係がありそうな資料は全て持って行く。
    過去の事について記憶はしばしば不正確です。書類は、記憶を喚起するのに役立ちます。
  2. 事件の時系列表を作って、事前にメールかFAXで送っておく。
    いつ、誰が何をしたという年表のようなものがあると、効率的に相談がきます。表計算ソフトをお使いなら、日付、主体(誰が)、行為(どうした。)、関係書類という列を作って整理をしていただけると助かります。私自身、エクセルで時系列表を作成しています。
  3. 言いたいこと、質問したいことをメモして持っていく。
    相談しているときに忘れてしまうことがありますので、メモを作っていけば安心です。
  4. 自分に不利と思われることも、全て言う。
    人間は、自分に不利なことは意識的にか無意識的にか隠す傾向にあります。また、法律相談においては、弁護士がいろいろつっこんで聞いてくるので、自分を守るという意識が働く場合があり、相談者に不利な事柄が現れない場合がございます(弁護士にも責任があると思います)。
    しかし、弁護士には守秘義務がありますので、不利な事柄が他に漏れることは皆無です。また、弁護士がつっこんだ質問をするのは、全ての事情を聞いた上で法的構成を考えた方が、結果として紛争を依頼者の有利に解決できるからであって、相談者を非難しようなどいう意図は全くありません。
    ですから、不利なこともすべてお話しいただきますようお願いいたします。


法律相談予約フォーム